絶対負ける君3 辻田真邦 バイナリーオプションで勝てない?
絶対負ける君3

サトルです。

今回の記事では、『絶対負ける君3』という、バイナリーオプション系のツールについて概要や口コミに関してまとめていきたいと思います!

 

この商材、実際のところ稼げるの?と気になっていて、ここへ辿りつかれた方もいらっしゃると思います。

 

当ブログは、ネット上にある稼げるという商材や情報が、本当に稼げるものなのか調べ、お一人でも多くの方に参考にしていただくことを目的としています。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

絶対負ける君3 とは?

『絶対負ける君3』とは、バイナリーオプションでのエントリー判断を補助するためのツールです。

 

同じ販売者から過去に「絶対負ける君」「絶対負ける君2」という商材を販売してきています。

 

今回の『絶対負ける君3』は、「絶対負ける君2」をさらに改良し、稼げるようになったツールということで、サイン通りにトレードすることで、絶対負ける君史上、最高勝率の7割を狙えるツールとのことです。

なお、名前の由来は、勝率10割ではなく、必ず負けることがあることから、この名称がついたようです。

 

絶対負ける君3 の特徴

『絶対負ける君3』は15分専用の逆張りツール

 

MT4にインジケーターをセットし、チャート上に設定しておくと、00分 15分 30分 45分にアラートが鳴ります。(判定時刻15分前から1分間の間)

通貨ペアに移動し、逆張りなので表示されたサインと逆へエントリーします。

「EUR/AUD HIHG 15m」なら EURAUDの通貨ペアの15分でLOWエントリー

「AUD/USD LOW 15m」なら AUDUSDの通貨ペアの15分でHIHGエントリー

といった感じです。

 

特定商取引法に基づく表記

特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

特定商取引法に基づく表記

​販売者名     ツジタ マサクニ 辻田真邦
住所       静岡県静岡市葵区宮ヶ崎町92
電話番号     07089483778
メールアドレス  masakunitsujita901@gmail.com

出典:https://zmkun3.sakasapanchira.mixh.jp/

個人名で運営会社は会社名を明かしていないようです。

また、電話番号が携帯のもの、メールアドレスはGmail(フリーメール)を使っているという点で、高額な商材を購入するにはちょっと心配になるところですね。。信用できるかと言われると、信頼性は低いと言えますね。

絶対負ける君3 販売価格について

『絶対負ける君3』の価格は

80,000円(税込) 月の販売予定数 10個

 

ちなみに、「絶対負ける君2」の価格20万円です。

「絶対負ける君2」より安い設定にしていますが、ツール系としては高価格と思います。

絶対負ける君3 は実際のところ勝てるのか?

『絶対負ける君3』で実際のところバイナリーオプションで勝てるのか?

ネット上の口コミ・評判を調べてみました。

絶対負ける君3 のロジックは?

販売ページにロジックの説明がないので詳細は不明です。

「絶対負ける君2」も同様に仕様やロジックも全くわからないため、優位性があるのか、安定して勝てるものか不安があります。

 

絶対負ける君3 評判・評価(ネタバレ)について

『絶対負ける君3』のリアルな評判や口コミについて調べてみましたがほとんど情報が出てきませんでした。

 

絶対負ける君シリーズとしては3つめなので、ネット上に実際に使ってみての評判などが出てきても良さそうですが、見つけることができませんでした。

絶対負ける君3 まとめ

『絶対負ける君3』の総評です。

 

ロジックが不明な点や、評判や口コミが皆無なので、販売ページにあるような「7割の勝率」を狙えるツールなのか?判断材料にかけますね。

バイナリーオプション自体、ルールが非常にシンプルで分かりやすいので初心者でもすぐに始めることができますが、簡単には勝てるものではありません。

80,000円で購入して利用するにはかなりリスクが高いのではないかなと思います。

「月の販売予定数 10個」 と希少性で購入を煽っている節も感じられます。

 

バイナリーオプション取引に関しては、ギャンブル性が高く、また金融庁からも注意勧告がされるほどリスクの高い取引です。

金融庁:https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/binary.html

上記、金融庁のページにも記載がありますが、「儲かる」と勧誘されて高額な情報商材を勧める悪質なオファーが多く存在しています。

 

安易にこのようなツールには手を出すべきではありません。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

おすすめの記事