YTM Final Edition 株式会社move 岡田崇司 はYouTubeで稼げるのか?
YTM Final Edition

サトルです。

今回の記事では、『YTM Final Edition』について概要や口コミに関してまとめていきたいと思います!

 

YouTubeを使ったビジネスノウハウですが、実際のところ稼げるの?と気になっていて、ここへ辿りつかれた方もいらっしゃると思います。

 

お一人でも多くの方に、参考いただくことができれば何よりです。

YTM Final Edition とは?

『YTM Final Edition』は、YouTubeに投稿した動画につく広告から報酬を得る方法を学べる教材です。

 

もともとは「YTM∞」という商材でしたが、2018年にYouTubeの規約変更があり、その影響からリニューアルバージョンを販売したようです。

 

YouTubeなので、顔出しが必要になるの?と多くの方は顔出しを嫌がられると思いますが、顔を出す必要のない動画で収益を発生させていきます。

YTM Final Edition

YTM Final Edition

出典:https://ytm-mugen.info/fe-letter/

 

YTM Final Editionのポイント

YTM Final Editionで推奨されている動画の種類は3つあります。

 

YTM Final Edition 動画の種類

1. 撮影
2. コメンテーター
3. ナレーション

 

ハイクオリティな動画を作成する必要もなく、スマホなどで作った簡単な動画でも再生回数を稼ぐ動画作成方法が学べるとのこと。

YTM Final Edition

YTM Final Edition

出典:https://ytm-mugen.info/fe-letter/

 

どうやって収益を得るか?という点ですが、Googleの「アドセンス」で収入を得ることになります。

Googleアドセンスは、ブログなどで広告を張り付け、クリックされると報酬が発生する仕組みですが、Youtubeでも動画にGoogleアドセンス広告を表示させ同様に収入を得ることができます。

 

YTM Final Editionのコンテンツ内容

YTM Final Edition コンテンツ内容

・準備編
・マインド
・YouTubeの規約
・動画の種類
・YouTubeマーケティング
・YouTubeSEO
・YouTube実践編
・その他
・動画作成と編集
・動画編集スキルアップ

YouTubeを始めるにあたっての一通りのことは学べる内容になっていると思います。

 

特定商取引法に基づく表記

特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

特定商取引法に基づく表記

    販売社名 株式会社 move
    運営統括責任者 岡田 崇司
    所在地 〒589-0011 大阪府大阪狭山市半田 1-6-14
    電話番号 050-4560-2357
    メールアドレス fe-support@ytm-mugen.info
    販売URL https://ytm-mugen.info/fe-letter/

    株式会社moveの岡田 崇司氏は「バナナデスク」というニックネームで有名な方です。

    ブログアフリの「下剋上」や「Youtubeトレンドマーケティング」といった商材をヒットさせた人として知られています。

     

     

    YTM Final Edition 教材価格について

    『YTM Final Edition』の価格は

    29,800円(税込)

     

    この商材は返金保証があります。

    教材収録ノウハウを手順通りに教材購入後180日間実践したにも関わらず、こ購入代金以上稼げなかった場合は全額返金致するとのこと。

     

    返金保証は良心的な対応と思いますが、以下の条件が設けられています。

     

    【1】180日間実践したYouTubeのチャンネルURLまたはYoutubeに動画を60動画アップしたスクリーンショット(1日1動画)
    【2】180日間の報酬画像

     

    180日間というと約半年ですね。ひと月10動画は作成する必要がありそうです。

    後述するYouTube収益化条件を踏まえると、ちょっと厳しいかなという気がします。

     

    YTM Final Edition は現在でも稼ぐことはできるのか?

    一般向けにYouTubeで収益化が始まったのは2012年。

    当時は低レベルな動画をアップしても、再生数さえ稼げば誰でもアドセンスでの広告収入を得ることができていまし。

    しかし、テキストをただスクロールするだけの動画、テレビ映像をキャプチャした動画など、品質の良くないグレーな動画が多くなるようになり、収益化の条件が厳しくなりました。

    「総再生時間4000時間」+「チャンネル登録者1000人以上」を過去12ヶ月以内に満たしていないと収益化ができない、といった厳しい条件が設けられました。

     

    YouTube収益化条件

    ・過去12ヶ月間の累計視聴時間が4,000時間以上
    ・チャンネル登録者数が1,000人以上

    この条件を満たすためには、品質の良い動画を定期的にアップロードしていくことが必要になります。

    企画力や撮影機材、動画編集時間なども考慮する必要があります。

     

     

    YTM Final Editionの評判・口コミについて

     

    YTMの欠点
    ・開設したばかりのチャンネルでは視聴者や運営に認識されるまで時間がかかる
    ・トレンドブログのようにトレンドを追いかける必要がある
    ・登録者数を伸ばさないと再生回数が安定しない
    ・アフィリエイトの成約にはブログもあった方が良い
    ・返金保証には180日間の実践が必要

    出典:https://live-in-shadow.com/entry/ytm-final-edition/

     

    YouTubeは正直もう参入しても初心者は稼げないと思いますね

    YouTube自体は非常に優秀なツールで検索エンジンとかにも結構上位表示されるんで
    アクセスを集めるのには使えます

    ただしYouTubeのアドセンス(動画に貼る広告)はもはや
    取得自体が困難なのでYouTube単体で稼ぐことは難しいです

    出典:https://hoshi-info.com/ytm-final-edition

     

    昔は低レベルなコピペ動画でも収益を得られていましたが、今はYouTubeの規制が厳しくなっており、収益化はく奪や最悪アカウント停止などにもなります。

    初心者が累計視聴時間が4,000時間以上、チャンネル登録者数が1,000人以上のハードルを越えるのは簡単なことではありません。

     

    YTM Final Edition まとめ

    『YTM Final Edition』の総評です。

     

    YouTubeアドセンスは、昔は簡単に稼ぐことができましたが、今現在は新規に参入して稼げるようになるまでのハードルが高すぎます。

    また、動画作成にはブログやSNSに比べて作業量がとても多く、動画を投稿するまでに作業時間が結構かかります。

    動画作成初心者では作業の大変さに途中で挫折する可能性が非常に高いです。

     

    返金条件についても、半年で60動画、ひと月10動画(3日に1動画のペース)を作成することも、初心者にとっては難しいのではないかと思います。

     

    結論、『YTM Final Edition』は推奨はできません。

    皆さんの判断材料の一つになればと思います。

    おすすめの記事