新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル 古道和俊 今でも稼げるのか?
新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル

サトルです。

今回は『新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル』という商材について取り上げたいと思います。

 

この商材、実際のところ稼げるの?と気になっていて、ここへ辿りつかれた方もいらっしゃると思います。

当ブログは、ネット上にある稼げるという商材や情報が、本当に稼げるものなのか調べ、お一人でも多くの方に参考にしていただくことを目的としています。

 

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル とは

「せどり」とは、 安く商品を仕入れ、仕入れ価格より高く転売するビジネスです。

「せどり」はリスクも少なく小資本で手軽に始められるところから、サラリーマンや主婦の副業に最適と一気に人気が広まりました。

 

この商材ではその名の通り、本・書籍を商品とした「せどり」を実践するためのマニュアルです。

古本ではなく、新品の本・書籍を仕入れて、Amazonで販売する手法になります。

 

新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル コンテンツ内容は?

コンテンツ

■ 目次 ~Contents~
第1章:本マニュアルについて
第2章:新品雑誌せどり
(1)雑誌について
(2)新品雑誌のリサーチ方法
(3)新品雑誌せどりリストの作り方
(4)新刊書店での新品雑誌せどり
(5)アマゾン内電脳新品雑誌せどり(刈り取りせどり)
(6)新品リサーチの効率化
(7)新品雑誌電脳せどり
第3章:新刊せどり
(1)新刊について
(2)新刊のリサーチ方法
(3)新刊の仕入方法
(4)新刊を出版社から仕入れる方法
(5)アマゾンランキングについて
(6)新刊を出版社から卸してもらう方法
(7)新刊を取次(本の問屋)から仕入れる方法
(8)バーゲンブックを仕入れる方法
第4章:計数管理・他
(1)新品商品の出品方法
(2)せどりマッハ出品
(3)商品発送の効率化
(4)FBA料金シミュレーターでせどり利益を計算する方法

特典として以下のものが付きます。

特典

【Special特典】韓国雑誌せどりマニュアル
【Special特典】せどりスタートダッシュパッケージ
【限定特典☆1】ご購入者通信(メルマガ)
【限定特典☆2】追加特典無料入手権利
【限定特典☆3】最新のマニュアルをお届けします。

 

 

特定商取引法に基づく表記

特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

特定商取引法に基づく表記

    ・販売者  古道和俊

    ・住所   群馬県伊勢崎市宮子町3489-4

    ・電話番号 090-7814-4599

    ・メールアドレス book-girl@mail.goo.ne.jp

    ・URL   http://bosedori.xsrv.jp/asp/infotop/magazinesedori/

     

    電話番号が携帯のもの、メールアドレスはGmail(フリーメール)を使っているという点で、信頼性は低いと言えますね。

    一応表記については問題がないと思います。ただし、当たり前ですが特定商取引法に基づく表記があるからといって稼げる商材とは限りませんのでご注意ください。

     

    新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル 教材価格について

    このマニュアルの販売価格は

    5,980円(税込)

     

    サポートなどはついていません。

     

    せどりは誰にでも向いているビジネスか?

    「せどり」を実践するためには、仕入れ、梱包、発送などの作業をすべて自分で行うことになります。

    また、仕入れた商品を保管しておくスペースの確保や、何より仕入れ資金がある程度必要になります。

     

    「せどり」というビジネスは誰でも参入しやすいですが、時間と労力を要するため、少ない時間で稼ぎたい人には不向きです。

    サラリーマンの副業としてやるなら、仕事が終わったあとや、休日を使って仕入れ・発送など、時間を削って作業を続けていく必要があります。

     

    また、現在のせどり・転売の状況としては、「転売ヤー」が買い占めを行うなど、社会問題になるほど参入者が多くなっています。

    「せどり」や「転売」は飽和状態であり、その手間やリスク等を考えると今からの新規参入はハードルが高いのではないかと思います。

     

    「せどり」を始めるなら相応の覚悟は必要ですね。

     

    『新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル』のメリット

    古本と比べて新刊本や新品雑誌は仕入れがしやすい、店舗に出向かなくても、ネット通販で仕入れも可能というメリットがあります。

    また、書籍自体の価格も数百円~数千円レベルなので、資金が少なくても始めやすいと言えます。

     

    逆に数をこなさないと利益が上がらないということがデメリットですね。

    大きく稼ぐのは難しいと感じます。

     

    まとめ

    『新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル』の総評です。

     

    新刊本や新品雑誌は仕入れがしやすい反面、薄利多売にしないと利益は上がらないと思います。

    労働時間と得られる利益を考えたときに、それに見合うものなのかどうか、よく検討しましょう。

     

    どうせ本を扱うなら、古本を商品としたほうが利ザヤは稼げると思います。

    歴史本とか古い蔵書系であれば、安く仕入れて高額で売れることもあります。

    そういった貴重な本の場合は数をこなすことができませんが、労働力は少なくて済みますね。

     

    最後に、「せどり」や「転売」は飽和状態であるということも付け加えておきます。

     

    この記事がお役に立てれば幸いです。

    おすすめの記事