アニマルキャッシュ(ANIMAL CASH)怪しい?評判と口コミ
ANIMAL CASH

サトルです。

 

今回は『アニマルキャッシュ』という商材について取り上げたいと思います。

この商材名だけだとなんだかわかりませんが、P2Pのアイテム売買で利益が得られるマッチングサービスになります。

 

この商材、実際のところ稼げるの?と気になっていて、ここへ辿りつかれた方もいらっしゃると思います。

当ブログは、ネット上にある稼げるという商材や情報が、本当に稼げるものなのか調べ、お一人でも多くの方に参考にしていただくことを目的としています。

 

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

アニマルキャッシュ(ANIMAL CASH)とは

『アニマルキャッシュ』の説明のまえに、まずはP2Pについて。

P2Pとは、Peer to Peerの略で、企業やサーバーを介さずにユーザー同士が直接取引を行うことです。

 

この『アニマルキャッシュ』では、仮想通貨(コイン)を購入して、そのコインでキャラクター(アニマル)を買います。

そのキャラクターは保有期限があり、期限を迎えると自動的に抽選が行われ、買った時よりも高い価格で売却することができます。

 

それを繰り返すことで利益を上げていくビジネスになります。

 

アニマルキャッシュ

アニマルキャッシュ

出典:https://www.animalcash.net/animal-cash/index.php?introuser=ap

アニマルキャッシュ は儲かるの?

アニマルが購入できれば、必ず利益がでます。(理論上)

購入したアニマルは、購入した時点から一定の保有期間を過ぎると、必ず価格が上昇するので売却時に利益がでます。

 

売買に使うアイテム「アニマル」は。アニマルキャッシュ側で発行数が予め決められており、購入は抽選制となっています。

以下の5種類のキャラクターがあります。

アニマルキャッシュ

アニマルキャッシュ

出典:https://www.animalcash.net/animal-cash/index.php?introuser=ap

 

アニマルを購入すれば、あとはほったらかしで利益が上がります。

 

 

特定商取引法に基づく表記

特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

特定商取引法に基づく表記

    会社名 AnimalCash Ltd.

    所在地 5 Canton Rd, Tsim Sha Tsui, HongKong

    出典:https://animal-cash.com/company

     

    特定商取引法に基づく表記はなく、会社概要ページに会社名と所在地の記載があるのみでした。

    香港の会社のようです。

     

     

    アニマルキャッシュ(ANIMAL CASH)価格について

    アニマルキャッシュへの登録は無料です。

    アニマルを購入するためにはコインを購入する必要があるのと、抽選申込に手数料が掛かります。

    例:狛犬=300コイン(3,000円)

     

    アニマルキャッシュ(ANIMAL CASH)怪しい?

    アニマルキャッシュは理論的には必ず利益がでます。しかし、そんなうまい話があるでしょうか?

     

    このP2Pのアイテム売買は、アニマルキャッシュ以外にも数年前から存在します。

    流行ったものでは、「エクスカシーファーム(EXICUCI FARM)」が有名ですね。

     

    エクスカシーファームも同様にキャラクターを売買して利益をあげるものでした。

     

    最初のほうは順調に売買できていましたが、2020年12月に突然閉鎖。

    運営側から残っているキャラクターに関しては買い取ると連絡があるも、全くその気配はなく2021年6月に同社で新しいプラットフォームが再開したと思ったらサイトが消滅・・・

    多くの被害者が出ました。

    エクスカシーファーム

    エクスカシーファーム

    出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11275523276

     

    アニマルキャッシュほかP2Pキャラクター販売の問題点

    購入したキャラクターは必ず価格が上がります。

    価格が上限まで達するとキャラクター分割(複数に増える)をして価格を低くします。

    そしてまた上限まで達するとキャラクター分割・・ということを繰り返していきます。

     

    そうなるとどうなるでしょう?

    キャラクターが増えすぎて売り手より買い手が少ない状態になり、売買バランスが崩れることになります。

     

    最終的にはキャラクターを購入したが、売却先が見つからない、という状態に陥ります。

     

    エクスカシーファームのときも同様になる恐れがあり、運営側がキャラクターを買い取ってバランスを取るようにする、としていました。

    しかし、結果は・・

    まったくキャラクターが売れない状態になったようです。

     

    現在、エクスカシーファーのサイトは消滅し、実質破綻したと言っていいでしょう。

     

    アニマルキャッシュ P2Pキャラクター販売はチキンレース?

    このように、キャラクターが分割していって増殖を繰り返していくといつかは破綻します。

    利益を上げるためには、「いつ撤退するか?」が重要ポイントになります。

     

    アニマルキャッシュでもエクスカシーファームのように破綻する可能性は十分にあり得ます。

    上で紹介したコメントのように600万円も未回収、という悲劇にならないようにしてください。

     

    アニマルキャッシュ(ANIMAL CASH)まとめ

    基本的にはこのようなP2Pキャラクター販売のような「虚業」ビジネスはおすすめできません。

    アニマルキャッシュが破綻するかどうかはわかりませんが、いわゆるポンジスキームの可能性は否定できないと思います。

     

    特定商取引法に基づく表記もないようなサービスです。

    アニマルキャッシュ、推奨はできません。

     

    この記事がお役に立てれば幸いです。

    おすすめの記事